測定器についての豆知識

測定器のレンタルとリース、どっちがお得?

測定器や計測器の購入にはコストがかかります。そこで注目されているのが、測定器などのレンタルやリースのサービスです。レンタルもリースも、月額を支払って借りるシステムですが、その内容は全く異なります。意外と知られていない、測定器のレンタルとリースの違いについてご紹介します。

 

レンタルとリースの仕組みの違いとは?

企業にとって、機材の導入は重要な問題です。全ての機材を新品で購入するのは、経費の面で現実的ではない場合が多く、そんな時に役立つのがレンタルやリースです。どちらも企業から物を借りるサービスですが、レンタルの場合は、既にレンタル会社が所持しているものをレンタル会社から借りるシステムです。それに対して、リースは顧客が選んだものを、リース会社が購入して貸与するというシステムになっています。

 

つまり、同じ機材を借りるのでも、レンタルとリースではまったくシステムが違うのです。たとえば、測定器を借りるにあたって、リース会社との契約を結ぶ場合は、顧客の希望に合わせた機種を選ぶことができます。しかし、レンタル会社との契約の場合は、あくまでもレンタル会社の在庫の中から機種を選ばなくてはいけないので、必ずしも希望の機種があるとは限りません。

 

レンタルとリースの契約期間の違い

リース契約は、顧客の希望に合わせたリース適格物件を、リース会社が新品購入します。リース期間に利用料金を支払う事で、商品代金を全額回収するシステムなので、リース期間は比較的長期に渡ります。基本的に、リース契約中の解約は不可となっており、やむを得ない理由で解約する場合にもリース料の残金を全額支払う必要があります。リースの場合は、税務基準によって適正リース期間というのが定められており、法定耐用年数と適正リースッ期間に応じた金額がリース料になります。

 

レンタルの場合は、既に所有権をレンタル会社が持っているので、期間に応じた利用料が生じますが、契約期間に制限はありません。そのため、レンタルなら必要な期間だけ、短期間でも機材を借りることができます。

 

レンタルとリースの保守サービスに差はある?
計測器や測定器は、定期的な校正が必要など、比較的メンテナンスの手間がかかります。新品で購入した場合は保守サービスと契約を結ぶなどして、顧客自身が保守やメンテナンスを行います。リースもこれと同様に、顧客が保守修繕義務を負います。顧客がリース会社を通して分割で新品を購入したのと同様の扱いになるため、メーカー標準保守以外のメンテナンスは、顧客自身が都度依頼する必要があります。

 

レンタルは、所有権がレンタル会社にあるため、保守やメンテナンスはレンタル会社の判断のもとに行います。そのため、顧客が保守の責務を負う事はありません。レンタル料の中に保障が含まれているため、万が一の故障の場合でも、ほとんどのケースでレンタル会社が修理を手配してくれます。また、必要に応じて代替品の手配もしてくれるなど、メンテナンスの点ではレンタルの方が圧倒的にユーザーにとっては便利と言えます。

 

不要になった測定器の処分はどうすればいい?

計測器や測定器を処分する場合、顧客が購入したものであれば自社での処分が必要になります。計測器などの処分は産業廃棄物法によって定められており、それに従って廃棄処分を行います。また、まだその機器が使用できるものなら、中古で買取に出すという方法もあります。

 

しかし、リースやレンタルの場合は不要になった機器はそれぞれの会社に返却すればいいので、処分の手間がかかりません。しかも、レンタル会社なら顧客に代わってデータの完全消去などのサービスを行っているところも多く、情報漏えい防止もしっかり保障されています。

 

測定器の導入にリースを選ぶメリット・デメリット

リースを選ぶメリットとして多くの企業に支持されているのが、固定資産税や償却資産税の申告の必要がなく、事務手続きが簡単という点です。これらの手続きは、自社の機器である場合は必要ですが、リース契約の場合は機器の所有権がリース会社になるため、固定資産税や動産保険はリース会社の負担になります。

 

しかし、リース契約は月々のリース料を支払うと、総額が高くなってしまうのがデメリットです。リース料には、機器の購入代金の他、固定資産税や保険料の他、金利やリース会社の利益が入っています。購入時に多額の設備投資が必要ないということでリースを選択した結果、トータルではかなり高くなってしまうというケースが多いです。

 

 

 

測定器の導入にレンタルを選ぶメリット・デメリット

測定器のレンタルのメリットは、何といってもレンタル期間を柔軟に設定できるという点です。リース契約は長期契約が基本ですが、レンタルの場合は最短で数日だけのレンタルというのも可能です。ある一定期間だけ機器を使いたいという方には非常に便利です。また、保守費用がレンタル会社持ちというのも、メンテナンスコストのかかる測定器を導入したい企業にとっては見逃せないポイントです。

 

レンタルの場合は、レンタル会社が在庫を持っている物からしか借りられないというデメリットはありますが、最近では測定器を扱うレンタル会社も増えてきたので、選択肢で悩むことは少なくなりました。リースとレンタル、どちらも月額料金を支払うシステムですが、メリットの多さで考えるとレンタルの方がお得なケースが多いでしょう。

校正が欠かせない理由とは

様々な場面で活躍する測定器ですが、精度を維持して正しく使うには、定期的な校正が欠かせません。実際に測定器や計測器を導入していても、校正の重要性について理解していないと、せっかくの機器を活かせません。測定器の維持に校正が欠かせない理由を説明します。

 

正しい状態の測定器とは?

測定器とは、あらゆるものの状態や物体の性質を数値で表すための機器です。しかし、測定器を使って正確な数値を計るためには、測定器自体が正確な基準に基づいていなくてはなりません。測定に関する基準は、計量法に基づいており、国家が定めた厳格な基準があります。全ての測定器は、国家計量標準という、基準となる特定標準機によって正しい数値が定められています。この基準に基づいた測定器でなくては、正確な測定はできず、製品や状態の品質を保証することができないのです。

 

計測器の校正は品質維持の基本

計測器を利用した測定にある程度の誤差があるのは避けられませんが、誤差が大きくなってくると、計測の正確性が崩れ、品質維持に支障が出ます。そうしたトラブルを未然に防ぐためにも、計測器には定期的な校正が必要です。校正は任意で、義務ではないため、校正を行わないとしても使用者の自由です。しかし、企業にとっては製品の品質というのは信用にかかわる大切なポイントです。校正を全く行っておらず、正確な測定ができない機器で計測を行っていたとすれば、品質維持は不可能です。

 

校正はどのタイミングで行えばいい?

校正のタイミングというのは、厳密に定められているわけではないので、いつ行ってもいいと言えます。理想的なのは、測定機器の使用前後に毎回校正を行う事です。しかし、校正には非常に手間がかかるので、実際には現実的ではありません。そのため、多くの企業では校正の周期を定期的に定めています。

 

校正周期は測定器によって異なり、それぞれメーカーが定めた推奨基準があります。使用頻度が高い機器程、校正の周期が短くなる傾向がありますが、現場で頻繁につかう計測器の場合で、半年から一年程度が一般的な校正の周期です。

 

校正の具体的な方法が知りたい!

測定器の校正は、自社で行う自社校正か、専門の業者に委託する受託校正の2つのパターンがあります。また、機器をレンタルしている場合は、レンタル会社が校正を行うのが一般的です。

 

自社校正を行うためには、まず標準機と呼ばれる基準となる機器を購入する必要があります。自社校正を行う機器の種類だけ標準機を導入しなくてはならないので、初期費用がかかるというデメリットがあります。また、校正者を認定する必要があり、校正のためのルールを守って作業を行わなくてはいけません。校正基準は非常に厳格なため、手順を間違うと校正の信頼性が認められないケースもあります。自社校正の場合は、社内で校正の基準や手順を定めておく必要があります。計測の精度を高めるためには、校正の手順や標準を徹底して毎回同じ基準で行う事が重要だからです。

 

校正の方法で一番メジャーなのは、やはり業者へ測定機器を送って校正を行う方法です。また、企業に依頼して、専門の校正者を派遣してもらって自社での校正を行うというケースもあります。受託校正や社外校正と呼ばれる方法で、校正を専門にしている事業者による作業なので、信頼性は抜群です。校正に関して特別な資格はありませんが、計量器の検査や管理を適切に行うための知識を有する「計量士」という資格があります。外部業者の中では、こうした計量に関する資格を持っている校正者が在籍していることも多いです。

 

計測器を長持ちさせるための日常メンテナンス

計測器は非常に精密な機械です。メンテナンスの方法を間違えると、かえって計測器の精度を狂わせてしまう事になってしまうので、過度のメンテナンスは逆効果になってしまう場合があります。メンテナンスや手入れを行うのであれば、必ずメーカーが定めた方法で行うようにしましょう。自己流のメンテナンスを行って、かえって機器の状態を悪くしてしまったというケースは意外とよくあります。

 

ただし、計測器を利用する際、測定値に異常がないかの確認はこまめに行う方がいいでしょう。測定値の乱れや、表示のエラーなどがあれば、すぐに専門業者に依頼して再校正や修理が必要になります。安定した測定値を維持するために、日頃から機器の変化に注意を払いましょう。

 

測定器のレンタルが人気の理由

今回ご紹介したように、測定器の校正というのは厳格な基準の元、定期的に行う必要があります。こうした校正やメンテナンスにかかる維持費用は、測定器の数が少なければいいのですが、数や使用頻度が多いと意外とコストがかかるものです。

 

測定器をレンタル業者から借りれば、メンテナンスや校正は全てレンタル業者任せで、余計な維持費用がかかりません。レンタルというと、短期間のイメージがありますが、測定器のレンタル業者によっては長期契約も可能です。自社で測定器を購入するよりもレンタルの方がお得なケースが多く、測定器の導入において、レンタルという選択肢は見逃せない存在になってきました。

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る